ディエゴヴァナシバラ(Diego Vanassibara)の靴を新宿三丁目にある伊勢丹メンズ館で見かけてからずっと気に入って愛用しています。それくらいディエゴヴァナシバラの靴はかっこいいんです。

使っていて1つデメリットだなと思ったのは、消耗が早いこと!デザイン重視の靴なので、もって1年くらいかなと思います。こちらの靴は約1年程愛用しており、メッシュの部分に穴が空いてしまっております…。

非常にかっこよくて気に入っている靴なのですが、まさにこの靴はもう販売されてないので買えないんですよね。

ディエゴヴァナシヴァラ 靴

ただ、ディエゴヴァナシバラ公式サイトを見る限りは、まだ販売されているようなので、購入しようと思えばできそうです。

記事は下に続きます。

ロレックス限定カタログ
キムタク ロレックス
ギャランティカード
カタログ落ち ディスコン
ディスコン ロレックス
ロレックス正規店 入荷

ディエゴヴァナシバラとは

ディエゴヴァナシバラ(Diego Vanassibara)とは、ディエゴ・ヴァナシバラさんが立ち上げたブランドになります。

ディエゴ・ヴァナシバラさんはブラジル出身で、イギリスロンドンの靴の名門校にて靴に関して学び、更には建築に関しても知識があることから、それらを融合したかっこよいデザインの靴を作り上げています。

正直、管理人の私は世間的に評価されている靴(例えば、ジョンロブなど)を持っているのですが、それらはあくまでも知名度によって購入したもの。しかし、このディエゴヴァナシバラの靴は見た目がかっこいいなと思い、心から購入を決めたものです。

公式サイトもチェックしてみてください。デザインがとにかく素晴らしいです。

https://www.vanassibara.com/

ディエゴヴァナシバラの販売店

私がわかる限りでは、新宿の伊勢丹メンズ館の地下1階のデザイナーの靴がたくさん並んでいる売り場にて売られている限りです。

デザイナーの靴が並んでいるところと言ってもわかりにくいかもしれないので、画像として掲載しておきます。

うまく拡大できなかったので見づらいかもしれないですが…。

伊勢丹の本館地下1階からずっと直進して、メンズの下着や靴下が売られている場所をすぎて左手にあります。

ただし、時期によってディエゴヴァナシバラ(Diego Vanassibara)の靴がないときもあります。

例えば、ちょうど今の時期(2018年11月時点)はディエゴヴァナシバラ(Diego Vanassibara)の靴が並べられていません。店員さんにお聞きしたら、秋冬モデルの注文をしてなくて現在は並んでないとのことです。

しかし、来年の1月中旬以降に次期の春夏モデルの販売がされ始めるそうで、そのあたりに私もまた見に行こうかと思っています。

ちなみにですが、過去にはブラジルのデザイナーであるディエゴヴァナシバラ(Diego Vanassibara)さん本人が新宿伊勢丹メンズ館にいらっしゃったことがあるそうです。その時見に行きたかったな。

他にも色々と探してみましたが、販売店は日本に伊勢丹メンズ館くらいなのでしょうか?ネットで調べる限りでは見つかりませんでした。もしかしたら、阪急メンズ館などでも扱われているかもしれません。

ディエゴヴァナシバラは通販で購入可能

ちなみにですが、ディエゴヴァナシバラの靴は通販で購入することができます。

例えば、私の持っている「DV062」の靴(※以下の画像)は、こちらの公式サイトより購入可能です⇒https://www.vanassibara.com/e-store/dv062/#1506184916369-2242d535-fd21

ディエゴ・ヴァナシバラ

価格は€325.00=325ユーロとなっています。日本円にすると、2018年11月30日時点のレートで4万1939円です。私が伊勢丹メンズ館で購入したときには、8万円くらいのDV062がセールで5万円くらいになっていた時なので、通販で取り寄せたほうが安く購入できるかと思います。

あとはサイズですね。サイズがわからないと、頼みようがないので近くに販売している店鋪があれば試着してあとは通販ということもできます。

海外のサイトなので申込みをするのが怖いですが、日本での販売店で買うよりは遥かに安いのでなれている方ならおすすめです。

管理人所有のディエゴ・ヴァナシバラの靴

私が現在持っているディエゴ・ヴァナシバラの靴は2足です。

DV062

1つは1年半ほど前に、伊勢丹メンズ館のセール時に税込み5万4000円程で購入したこちらの靴。

頻繁に履いていたのでもうぼろぼろになってきてしまいました。

ディエゴ・ヴァナシバラ

メッシュになっており、靴下の色が透けます。ですので、これを履くときには裸足がベストです。肌の色が良い感じになります。

また、水が入るので雨の日とかはNGです。そして、メッシュ部分が壊れやすいので、あまり長持ちはしません。長く大切につかうというよりもデザイン性を重視して、靴を楽しみたい方におすすめです。

dv061

そして、もう一足がこちら。確か価格は9万8000円くらいだったはずです。

ディエゴ・ヴァナシバラ

公式サイトを見ると、€458.33と記載があるので、日本円にして現時点で約5万9000円くらいですね。

海外から取り寄せれば安く購入はできますが、伊勢丹の場合、MIカードで年間100万以上のお買い物をすれば10%のポイントが付くので、まあ通販で取り寄せなくてもいいかなとは思っています。

ディエゴ・ヴァナシバラの靴はアウトソールがシャーク状というのかな、そういったデザインになっていて見た目がかっこいいです。

ディエゴ・ヴァナシバラ ソール

まだ、あまり他の方が履いているような靴ではないので、他の人と被らない靴で、なおかつかっこいい靴を探している方にはディエゴ・ヴァナシバラをおすすめします。

※2019年の新作モデルを見たのですが全体的に安っぽくなってしまいました。dv061と似たモデルも表面がつるつるになってしまい、前作の高級感がなくなってしまっています。