ロレックスのデイトナSS(Ref.116500LN)を求めてロレックス正規店巡りをすることをデイトナマラソンと呼びます。デイトナマラソンの火付け役となったのは、某有名サイトのデイトナマラソン企画でしょう。

あの企画を見ていると、毎日のようにデイトナマラソンをしてようやく手に入れたという内容になっています。

宝探しみたいで楽しそう!と思い、デイトナマラソンを始めた人も多いのではないかと思われます。

しかし、現状をみる限りデイトナマラソンをしても報われないとしかいいようがないと思います。

記事は下に続きます。

ロレックス限定カタログ
キムタク ロレックス
ギャランティカード
カタログ落ち ディスコン
ディスコン ロレックス
ロレックス正規店 入荷

デイトナマラソンランナーが増えすぎた

あの某有名サイトの企画により、デイトナマラソンが一般化してしまったように思います。

都内に勤務、在住のサラリーマンであれば帰り道にふらっと寄れるため、あの記事を見てやってみようと思い実践している人は多いかと思います。

そうなると、毎日毎日、店員さんは「デイトナありますか?」という言葉を聞くことになります。正直イヤになることでしょう。

あまりにも増えすぎたために、一見さんには出さないように指導はされていると思いますし、対応に関してもマニュアル化されてきていると感じます。

だからこそ、たくさんの人が頭を捻って買うための色んな理由を考えるのだと思います。こちらの記事をみていただければ、色んな理由を付けて購入される方がいることがわかります。

「他の転売目的で購入する方とは違うんだ!」ということをアピールし、なんとかデイトナSSモデル(116500LN)を出してもらうために工夫をします。

ただ、どんな理由を付けたとしても、今ではそういった人も増えているためそれだけでは他のデイトナマラソンランナーとの差別化にならないと思います。

他と同じでは絶対にダメです。何か他よりも一歩抜きん出たことが無い限り、デイトナSSモデルを売ってもらうことはないと思います。

一見さんよりお得意様を優遇するはず

これくらいにもデイトナマラソンランナーが増えすぎると、どちらかというと、デイトナを購入したいという人ではなく、すでに他のモデルも買っていてデイトナも欲しいなっていう方でないと売らないのではないかと思います。

ですから、もしデイトナSSモデルをほしいとはいえ、それだけを購入するのではなく他のモデルも購入して購入履歴を作らないと厳しいとは思います。

また、店員さんに気に入られるかどうかも問題になるでしょう。最後は店員さんが判断し、店長さんがOKを出すのではないかなと思われます。

私がレアモデルを購入した時も店長さんに確認をしているような素振りがあったため、もしかしたら店員さんがOKを出す⇒店長さんにこの人なら売っても大丈夫だと説得し許可をもらうという流れになっているのかもしれません。

こういったことがあるため、デイトナマラソンはまず報われないと思います。他のデイトナマラソンランナーよりも好かれる人柄であれば購入履歴を作らなくても行けるかもしれませんが、今のようにデイトナマラソンが加熱している状況では厳しいと言わざるを得ません。

デイトナマラソンが流行りだしてから始めたのでは正直遅い

現実的にデイトナマラソンで購入するのは諦めて、どうしても欲しいならばその他のモデルを購入するなどの購入履歴を作るとか、もしくは並行店にて購入するのが良いと思います。

そこまでしてほしくないよというのは、やはりデイトナを欲しいのではなくお金が欲しいだけだと思われるので、普通に働くとかもっと現実的な副業を探すなどの方がお金を手に入れられる可能性が高いです。

宝探しが好きというのであれば趣味の一貫として良いと思いますが、転売お金目的でやるのは無意味だと思います。

厳しい言い方ですが、本当にお金儲けが得意な人は、某サイトにてデイトナマラソン企画などが始まる前からデイトナに目を付けていますし、そういった企画で注目を浴びてからやるようでは遅いとしか言いようがありません。

CMが開始されて暴騰してから、ようやくビットコインやイーサリアムに目を付けて購入したが、すぐに暴落してしまった昨年末の仮想通貨劇場と似ています。

お金儲けが得意な人は、もうデイトナに見切りを付けて別の市場に行っていることでしょう。先を読んで行動できるかが成功者になれるかの鍵になるので、いまさらデイトナマラソンをお金目的でやるのは時代遅れと言えます。

まとめ

仮に転売で稼ぎたいとしましょう。でも、ライバルが多くなったらもうその市場で美味しい思いはできません。

すでにその市場で他を圧倒できる何かを持っているとか、差別化できる要素がない限り、そこで成功をおさめることはできません。

昨年の仮想通貨ブームの頃も、テレビなどメディアで紹介されてから手を付けた方は、その後の暴落で痛い目を見たことでしょう。

もっと前から目を付けていた人がその暴騰で美味しい思いをしただけであって、ブームになってから参入した人は痛い目を見ただけで終わった人が大多数です。

デイトナマラソンもこれと同様のことだと思います。本当にこの市場がお金になると思っていた人は、デイトナマラソン日記で企画が開始される前から実施していたはずです。

そして、今回の暴騰を機に、並行店に売却に行き利益をかなり出せたことでしょう。

今でも確かに正規店購入から並行店売却という手順にて誰でも確実に利益を出せるようになっていますが、あまりにもライバルが多すぎます。

そうなったら、他との違いで勝負しないといけないので、他と同じような戦い方では正規店購入は不可能です。

  • 行動量で勝負
  • お金の力で勝負
  • 頭脳戦で勝負
  • 人柄で勝負
  • 人脈で勝負

こういった方法があるかと思いますが、それらのどれもなくして他よりも先に手に入れることは無理だと思います。

最後に誤解されないように付け加えますが、お宝探しが好きだとか本当に116500LNが欲しいだとかであればデイトナマラソンをしても良いと思います。お金目的でデイトナマラソンをすることを否定しているだけです。

お金目的で今デイトナマラソンを始めるのはビジネスセンスがないと言わざるを得ません。

またロレックスが好きでロレックス正規店のお得意様になるとしても、店鋪によってある程度ランク付けされているようでスポーツロレックスの入荷に差がつくようです。

できれば良い正規店を選んでそちらのお得意様になることを目指したほうが、レアモデルを購入しやすいと思います。