RM11-04_TPT_BL

リシャール・ミルの最新作として、2013年からリシャール・ミルパートナーに就任したイタリアのサッカー監督「ロベルト・マンチーニ」モデルが発表されました。

サッカーの試合用として設計されているフライバッククロノグラフ機能は、サッカーの試合時間に基づいて表示されます。

今回は「RM 11-04 オートマティック フライバッククロノグラフ ロベルト・マンチーニ」について詳しく紹介していきます。

記事は下に続きます。

ロレックス 購入制限
キムタク ロレックス
ギャランティカード
カタログ落ち ディスコン
ディスコン ロレックス
ロレックス正規店 入荷

RM11-04のスペック

RM11-04_TPT_BL

画像出典元:http://www.richardmille.jp/watch/RM-11-04_TPT_BL.html

基本情報(型番・定価・ムーブメントなど)

モデル名 リシャール・ミル オートマティック フライバッククロノグラフ ロベルト・マンチーニ
AUTOMATIC FLYBACK CHRONOGRAPH
ROBERTO MANCINI
型番 RM11-04
ムーブメント 自動巻き Cal.RMAC3
パワーリザーブ 55時間
ケースサイズ 49.94mm×44.50mm×16.15mm
ケース素材 カーボンTPT
機能 アニュアルカレンダー
フライバッククロノグラフ
発売年 2020年
販売本数 調査中
定価 22,000,000円+税

フライバッククロノグラフ

RM11-04_TPT_BL_face2

こちらのモデルの特徴の1つにフライバッククロノグラフ装置があります。サッカーの試合用として設計されているもので、ダイヤルには45分の前半・後半+最大15分の延長時間を表示します。

4時位置にあるプッシュボタンによりフライバック機能が作動し、12時位置に針が戻り後半戦のカウント開始となります。

延長15分やロスタイムも計測可能。

延長15分の計測は45分位置から60分位置の「EXTRATIME」と赤文字で表示されている箇所にて計測可能です。

ロスタイムは15分位置から20分位置に「OVERTIME」と表示されている箇所にて計測されています。

オーバーサイズデイト&アニュアルカレンダー

RM11-04

アニュアルカレンダー機構は12時位置の白青の表示窓にて見ることができます。※上の画像の28の表示部分

日付変更時は瞬時に切り替わり、30日や31日の月は自動で調整してくれます。

あくまでもアニュアルカレンダーなので永久カレンダーとは異なりうるう年などの調整は手動でする必要があります。

可変慣性モーメントローター

リシャール・ミル

ユーザーのライフスタイルに合わせた巻き上げ効率調整機構で、こちらは世界初のものとなります。

製造年 2020年

2020年~

2019年末に発表され、2020年に販売となります。

日本国内正規定価

日本の国内正規定価は予定価格とはなりますが、2200万円+税です。