リシャールミル ヨハン・ブレーク

リシャール・ミルの最新作として、2012年からリシャールミルパートナーに就任しているジャマイカの陸上短距離選手:ヨハン・ブレークモデル「RM 61-01 ULTIMATE EDITION YOHAN BLAKE」が発表されました。

こちらはRM 61-01としての最終モデルとなっており、TZPセラミックスの代わりとしてクオーツTPT®とカーボンTPT®が使われています。

記事は下に続きます。

ロレックス 購入制限
キムタク ロレックス
ギャランティカード
カタログ落ち ディスコン
ディスコン ロレックス
ロレックス正規店 入荷

RM61-01のスペック

リシャールミル ヨハン・ブレーク

画像出典元:http://www.richardmille.jp/watch/RM-61-01_TPT_WT_YOHAN_UE_LTD.html

基本情報(型番・定価・ムーブメントなど)

モデル名 リシャール・ミル ウルティメットエディション ヨハン・ブレーク
RM 61-01 ULTIMATE EDITION YOHAN BLAKE
型番 RM 61-01
ムーブメント 手巻きムーブメント Cal.RMUL2
パワーリザーブ 55時間
ケースサイズ 50.23mm×42.70mm×15.84mm
ケース素材 カーボンTPT
機能
発売年 2020年
販売本数 150本
定価 調査中

Richard Mille Yohan Blake RM 61-01 Ultimate Edition

ベゼルとケースバックにはクオーツTPT®とカーボンTPT®、ミドルケース部分にはカーボンTPT®が使用されています。ストラップはブラックラバー。

リシャールミル ヨハン・ブレーク

ケースバックはスケルトン加工、PVDコーティングが施されているグレード5チタン製キャリバーが見えるようになっています。

そして、最大の特徴としては5000gもの力に耐えうる事です。スペースシャトルの打ち上げの際には3gのちからがかかると言われていますが、それを遥かに超える力に耐えられます。

RM61-01シリーズのラストモデル

RM61-01シリーズは2014年に発表され、今回のRM61-01 Ultimate Edition Yohan Blakeが、最後のモデルとなります。

というのも、東京オリンピックはおそらくヨハン・ブレークにとって陸上競技人生の中で最後のオリンピックになるであろうとされているからです。

実際に東京オリンピックの延期も濃厚となってきている中、キャリア終盤でもある彼はどんな走りを見せてくれるのかも期待です。

ちなみに、RM61-01の前モデルはTZPセラミックスで製造されていましたが、今回は、クオーツTPT®とカーボンTPT®を使って作られています。

製造年 2020年

2020年~

2019年末に発表され、2020年に販売となります。ヨハン・ブレークの最後のオリンピックとなる東京オリンピック開催年に合わせての発売です。

日本国内正規定価

日本の国内正規定価は予定価格はまだ不明です。