ロレックスカタログ2019年

ロレックスではカタログ落ちをしたモデルは近いうちにディスコンとなり、実勢価格が急上昇するということが実際に起こっています。

詳しい記事は以下のディスコンに関してまとめた記事を見ておいてください。

▼参考⇒ロレックスのディスコンとは?ディスコン前後の実勢価格推移も考察

記事は下に続きます。

ロレックス 購入制限
キムタク ロレックス
ギャランティカード
カタログ落ち ディスコン
ディスコン ロレックス
ロレックス正規店 入荷

カタログ落ちの定義

カタログ落ちの定義に関してです。

当サイト「ウォッチフォーミュラ」では前年度のカタログには掲載されていたのに、今年度のカタログには掲載されなくなったモデルをカタログ落ちと定義します。

2019年~2020年カタログ落ちモデル一覧

2018年のカタログには掲載されていたのに、2019年のカタログには掲載されてないモデルです。

カタログ落ちモデル リファレンス
GMTマスター2 116713LN、116718LN、116719BLRO
ヨットマスター40 116622、116621、116655
デイデイト36 118138、118238、118348、118139、118239、118389、118135、118205、118235、118206、118346
デイトジャスト31 178243、178273、178343、178383、178241、178271、178341、278245
デイトジャスト36 116200、116234、116244、126203
パールマスター34 81299
チェリーニ タイム 50609RBR
チェリーニ タイム 50705RBR

変更点

キャリバーの変更に伴った変化が多かったです。カタログ落ちしたモデルのほとんどはパワーリザーブ48時間のモデルであり、パワーリザーブが70時間となって新登場したものが多くあります。

特に2019年のバーゼルワールドではヨットマスター42の登場やGMTマスター2青黒ジュビリーの登場が盛り上がったように、GMTマスター2とヨットマスター40のモデルからカタログ落ちとなったモデルが多いですね。

サブマリーナの変更予想が多かったですが、こちらは来年2020年に来そうな予感です。

狙い目のモデルは

今回カタログ落ちをすることで今後価格の上昇が見込めそうなモデルはあるのかというと、正直今回カタログ落ちしたモデルで将来性の高そうなモデルはないと思います。あくまでも投資の観点からです。

パワーリザーブの性能48時間から70時間にが向上したことで明らかに使い勝手がよくなっているモデルばかりなので、わざわざ性能が良くない方を選ぶことは少ないからです。実用時計の王者と言われるロレックスでは実用性も重視されることから、今回のカタログ落ちモデルを特に追いかけることはしなくて良いと思います。

それよりも来年サブマリーナ辺りの新作発表に伴いサブマリーナグリーン辺りがどうなるかな~、もしかしたらディスコンとなるかな~という予想が立てられるので、狙い目はそちらの方かなと思いますね。

▼参考⇒【サブマリーナデイト グリーン】Ref.116610LVの評価と入荷状況《ディスコン間近?》

歴代カタログ

2018年-2019年カタログ

通常版カタログ

ロレックスカタログ2018年

クリスマス版カタログ

ロレックス カタログ プロフェッショナル版

2019年-2020年カタログ

通常版カタログ

ロレックスカタログ2019年

クリスマス版カタログ

ロレックス クリスマスカタログ2019年