ロレックス正規店 別モデル提案

ロレックスで何らかのモデルを欲しいとして正規店マラソンをしている方の中には、別モデルを提案されて迷ったという方が多いようです。

例えば、デイトナステンレス白文字盤を探していて、デイトナのコンビモデルを提案されたり、デイトナステンレスの黒文字盤を提案されたり、さらにはサブマリーナデイトを提案されたり…などなど。

本来欲しいモデルとは違うのに、それに心が揺らいでしまい購入してしまうという人も中にはいるようです。

なぜこのようなことをやっているのか?あくまでも、私個人の考えですが、それらをまとめてみました。

記事は下に続きます。



ロレックス レアモデル
キムタク ロレックス
ロレックス入手困難度ランキング2020
デイトナマラソン ルート
店長さんは裏で店内チェック?
カタログ落ち ディスコン
ディスコン ロレックス
ロレックス正規店 入荷
デイトナマラソン ランナー対応
デイトナマラソン 無駄



別モデルを提案する理由として考えられること

正規店の店員さんが別モデルを提案してくる理由としては以下のようなことが噛んがられます。

  1. 毎日来るのをやめさせたい
  2. 別モデルに心が揺らぐか見ている
  3. 在庫を処分したい

おそらくこの3つ辺りになるとおもいます。

理由1:毎日来られて迷惑

まず1つ目に毎日来る人が迷惑だから、少しでもそういった人を減らしたいという目的もあるはずです。

聞いた話では名古屋の方の一部店舗では、以前は毎日行列になっていましたが、今は当日券を取った人が入店権利を得るという形式に変わったようです。

毎日たくさんの人が在庫確認にやってくるという状況に疲れたというのが本音ではないでしょうか。

この点に関しては、ロレックス正規店店員さんの本音という記事で紹介しています。

毎日いかないと買えないというのは確かなのですが、お店によっては毎日来てもらいたくないという方針のところもあるはずです。

また、毎日来るのはOKと言いながら、やはり事前にある程度出す人は決まっているのが実際の所でしょう。

だから、毎日来る人に対して、もう来ないでねという意味を込めて、別の制限モデルを提案するということはあるはずです。

別モデルを提案して買ってもらえれば、1年は制限にかかるので来なくなる可能性が高まります。とはいえ、別の制限モデルを求めてくる可能性もあるので、この理由で出すというのはあまり考えられないですが…。

理由2:別モデルに心が揺らぐか見ている

別モデルの提案に心が揺らぐを見ているという場合もあるはずです。

例えば、デイトナステンレスの白文字盤が欲しいと言いながら、「サブマリーナデイトならご用意できますが…」みたいに提案して、「どうしよう…」と悩んだような人にはデイトナ白を出す可能性は非常に低くなると思われます。

やはり大多数の人はデイトナステンレスを求めて正規店に来店します。逆に、制限モデルの中でもそこまで人気のないモデルに関しては、売れ残っている可能性が高いのです。

(とはいえ、新規優遇をしている店舗に関しては、あえて制限モデルの中でも不人気なモデルを狙っている転売集団もあるらしく、それすらもなくなっている可能性は高いですが。)

売れ残っている制限モデルを餌にして、心が揺らぐのであれば、「この人はレアモデルであれば、プレミアが付いているモデルであれば、とりあえず買おうと思っている人なんだな」なんて思われることでしょう。

そうなったら、誰もが求めているデイトナステンレスモデルに関して、出てくる可能性は非常に低くなると思われます。

というのも、中にはこういった提案に対して、「いいえ、私はデイトナステンレス白文字盤だけなんです」っていう人もいます。こういった人を優先したいのは当然のことです。

さらには現在は、デイトナステンレスを求めて、他のショーケースにあるモデルを購入しているお客さんもたくさんいます。

そういった人たちとの争いをしているのに、別モデルを提案されたくらいで心が揺らぐ人に、デイトナステンレスが出てくるでしょうか?

理由3:在庫を処分したい

現在でもステンレスモデルは安定して入荷があると店員さんは言っています。

購入制限が導入される以前であれば、一部の人がたくさんプロフェッショナルモデルを買い漁っていたと思われますが、今は制限がかかっているので、中には売りさばけない在庫もあるはずです。

売りさばきたくても転売してしまいそうな人には売れない…どうしよう…

という時に、とりあえず毎日のように来ている熱心なお客さんに買ってもらいたいということはあるでしょう。

とはいえ、先程も言ったように、現在は転売集団も多くいて、あえて制限モデルの中でも人気のないモデルを狙っている人も増えているので、売れ残ってない可能性が高いですが…。

別モデルを提案されても断る勇気が欲しい

普通に考えれば、100万以上もする時計に関して妥協するような人はいないと思います。プレミアとか考えなければ…です。

今は特に異常なほどにすべての制限モデルに対してプレミアが付いているような状態なので、転売目的とか資産目的の人ほど別モデル提案に気持ちが揺らぐでしょう。

しかし、それで気持ちが揺らいていると、本当に欲しいモデルは手に入らないと思います。もちろん、中にはそれでも買えたっていう人はいると思いますが、少なくともデイトナステンレスレベルになると、それは厳しいと思われます。

何しろライバルはたくさんいますし、その中にはデイトナステンレスが欲しくてわざわざ別のモデルも付き合いで購入している人もたくさんいるからです。

こういった人たちと争って、デイトナステンレスは買わなければいけないということを今一度考える必要があると思います。

別モデル提案は、このようなことを考えても、本当にその時計がほしいかどうかを見ていると考えて良いと思います。