ミルガウス

ミルガウス(116400GV)の評価や人気などの情報をまとめています。

記事は下に続きます。

ロレックス 購入制限
キムタク ロレックス
ギャランティカード
カタログ落ち ディスコン
ディスコン ロレックス
ロレックス正規店 入荷

ミルガウスのスペック

基本情報(型番・定価・ムーブメントなど)

ミルガウス

型番 ダイアル 素材 ムーブメント
キャリバー
ブレスレット 定価(税込み)
116400GV Zブルー SS Cal.3131 Ref.72400 842,400円
864,600円
116400GV ブラック SS Cal.3131 Ref.72400 842,400円
864,600円

116400の白文字盤はディスコンとなっており現在は正規店で入手できません。中古店や並行店なら売っていることがあります。

その他情報(製造年・重量など)

ケース直径 40mm
ケース厚 13mm
重量 155g
防水性能 100m
製造開始年 2007年

ミルガウスの評価

正規店入手難易度

正規店を巡って調べた結果です。

2018年10月~12月

ショーケースにてたまに見かける程度には存在しています。何度か通えば購入することができる状態です。ただ、人気が更に出てしまえば購入が厳しくなるかもしれないので、どうしてもという方は早めに購入しておくべきでしょう。

店員さんに聞いた感じだとZブルーの方に人気があるようです。黒文字盤の方が若干人気がないようで、入手がしやすいのと実勢価格も数万安めになっています。

2019年1月~2月

2019年に入ってからInstagramなどを通してロレックス社はミルガウス推しになっている印象があります。そのため、ショーケースからは姿を消している状態です。多分探せば見つかるかもしれませんが、裏から出してもらうことになるのが普通になるかもしれませんね。また、ロレックス社がインスタグラムなどで推していることで、「ディスコンとなるのでは」という噂も出ています。

ロレックスミルガウス

2019年3月

結局のところバーゼルワールド2019においてミルガウスはディスコンにならず継続となりました。過去の流れを見てもロレックス社がバーゼル前に頻繁に取り上げるようになったモデルは特にディスコンとなり新型が登場するというわけではないようです。

2019年5月

最近は正規店でも並んでいるところを見かけなくなりました。ロレックス全体の相場が上がっており、ミルガウスやエアキングもショーケースに並んだら即売れてしまうレベルになってしまった感じがしています。

相場

買取相場

買取相場は大体ですが、

  • Zブルー:~75万円まで
  • ブラック:~70万円まで

となっています。

あくまでも新品(保護シールが剥がされてない状態のもの)がマックスとなる値なので、使ってしまったなどの中古品であれば良くて50万円~60万円くらいと想定したほうが良いでしょう。

実勢価格(並行価格)

ミルガウスの並行価格は、ここ数年他のスポーツロレックスの急騰に比較したら穏やかな上昇を続けています。

特に定価と並行価格に差はない状態なので、今であれば正規店でも何度か足を運べば購入しやすいです。

新品相場推移

Zブルー

年月 新品相場 比較
2019年3月 880,000円
2019年5月 985,000円 +105,000円
2019年6月 980,000円 -5,000円
2019年7月 980,000円 +0円
2019年8月 970,000円 -10,000円
2019年9月 930,000円 -40,000円
2019年10月 915,000円 -15,000円
2019年11月 930,000円 +15,000円

ブラック

年月 新品相場 比較
2019年3月 878,000円
2019年5月 977,000円 +99,000円
2019年6月 977,000円 +0円
2019年7月 978,000円 +1,000円
2019年8月 970,000円 -8,000円
2019年9月 930,000円 -40,000円
2019年10月 910,000円 -20,000円
2019年11月 930,000円 +20,000円

ミルガウスの歴史

名前の由来

ミルガウスの名前の由来はフランス語の1000の意味を表すミルと磁束密度の単位であるガウスの組み合わせによります。その名の通り、1000ガウスまでの磁束密度に耐えるように作られており、理系の仕事、例えばレントゲンや研究者などをターゲットにして開発されたモデルです。理系の方に人気と聞いています。

アンティーク品

ファーストモデル 1956年発表:Ref.6541

製造期間はわずか2~3年とされています。

キャリバー:Cal.1056MCal.1066MCal.1080

セカンドモデル Ref.1019

1960年代~1988年頃までの製造とされています。

キャリバー:Cal.1580

特徴など

磁気帯びを防ぐためにムーブメントを包むインナーケースがあり、そのため重量感は思っている以上にあります。実際に着用してみるとずっしりと感じるかと思われます。現行モデルの特徴としては、稲妻秒針サファイアクリスタル風防です。