ヨットマスターⅡ

ヨットマスターⅡのSSモデル(Ref.116680)の評価や人気などの情報をまとめています。

レガッタクロノグラフという複雑機構を搭載しており、本格的なヨットレースを想定して作られたモデルです。ただ、SSモデルだけでなくゴールド・プラチナモデルも存在します。

記事は下に続きます。

ロレックス 購入制限
キムタク ロレックス
ギャランティカード
カタログ落ち ディスコン
ディスコン ロレックス
ロレックス正規店 入荷

スペック

基本情報(型番・定価・ムーブメントなど)

ヨットマスター2

型番 ダイアル 素材 ムーブメント
キャリバー
ブレスレット 定価(税込み)
116680 ホワイト SS Cal.4161 Ref.78210 1,922,400円
1,975,600円

他にも現行モデルとしては、116681のエバーローズゴールド×SS、116688のイエローゴールド、116689のホワイトゴールドがあります。一度だけ116688のイエローゴールドをしている方を見かけたことがありますが、迫力がありました!

ヨットマスター2比較
ヨットマスター2比較

その他情報(製造年・重量など)

ケース直径 44mm
ケース厚 14mm
重量 180g
防水性能 100m
製造開始年 2013年

装着感

直径44mmで重量も180gと大きくて重いのが特徴です。そのため、実際に装着をしてみるとずっしりとしており、日常使いには使いづらいといった印象を持ちました。

評価

入手難易度★☆☆☆☆

正規店を巡って調べた結果です。

2018年10月~12月

ショーケースにて結構な頻度で見かけました。

スポーツロレックスのSSモデルの中で高い価格帯(定価約200万)もするので、なかなか手を出しづらいということから売れ残っていることが多いと感じます。

200万円を出すならば、コスモグラフデイトナのコンビモデルなどにも手がでる価格帯なので、そちらを購入する人も多く出てくることでしょう。そのため入手難易度はスポーツロレックスSSモデルの中では一番簡単かなと思われます。

2019年1月~2月

ヨットマスター2は以前はショーケースに並んでいたところを頻繁に見かけたのですが、今やそれすらも見かけなくなってきました。SSモデルはあったら瞬殺されます。デイトジャスト41なども人気が上がってきているので…。

2019年3月

現在でもヨットマスター2は比較的簡単に入手はしやすい傾向にあります。ミルガウス、ヨットマスター2、エアキングはショーケースに顔を出していることは多いですね。

2019年8月

現状でもヨットマスター2は頻繁に見かけます。やはりヨットマスター2は大きめなので着ける人を選ぶますし、価格もSSモデルの中では高い方なのであまり選ばれない傾向にあります。

相場

買取相場

買取相場は大体ですが、

  • 新品で150万~160万を上限

となっています。

あくまでも新品(保護シールが剥がされてない状態のもの)がマックスとなる値なので、使ってしまったなどの中古品であれば良くて100万~120万くらいと想定したほうが良いでしょう。そこまで高額買取は期待できません。

あまり人気がない状態なので並行店としても売れ残るリスクがあり、なかなか高額買取には結びつかないです。

実勢価格(並行価格)

2018年12月情報

並行店を見に行ったときに得た情報ですが、新品で909(2018年12月時点)にて正規店定価と変わらない価格帯でした。ですから、ギャランティーに自分の名前を入れたいというこだわりがなければ、並行店にて購入しても問題ないかと思われます。

新品相場推移

年月 新品相場 比較
2019年3月 1,840,000円
2019年5月 1,973,000円 +133,000円
2019年6月 1,925,000円 -48,000円
2019年7月 1,944,000円 +19,000円
2019年8月 1,930,000円 -14,000円
2019年9月 1,916,000円 -14,000円
2019年10月 1,886,000円 -30,000円
2019年11月 1,886,000円 +0円
2019年12月 1,918,000円 +32,000円

ヨットマスター2の歴史

発売開始時期

  • 2007年 ヨットマスター2 発表
  • 2013年 ヨットマスター2 SSモデル発表

116680のヨットマスター2は2013年に発売となりました。

2007年にプラチナモデルからイエローゴールドモデル、コンビなどが発売されていきましたが、SSモデルは2013年になってようやく登場です。