デイトナ メテオライト

2021年のロレックス(ROLEX)新作発表が2021年4月7日に実施されました。

今回はの新作モデルの中でも一番人気だと思われるのが、このデイトナメテオライト文字盤のオイスターフレックスモデルです。

今回はRef.116519LNであるコスモグラフデイトナ ホワイトゴールドオイスターフレックスモデルのスペックや評価をまとめました。

記事は下に続きます。

ロレックス レアモデル
キムタク ロレックス
ロレックス入手困難度ランキング2020
デイトナマラソン ルート
店長さんは裏で店内チェック?
カタログ落ち ディスコン
ディスコン ロレックス
ロレックス正規店 入荷
デイトナマラソン ランナー対応
デイトナマラソン 無駄

スペック

デイトナ メテオライト

画像出典元:ロレックス公式

18 ct ホワイトゴールドのオイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナは、メテオライト&ブラックダイアルとオイスターフレックスブレスレットを備え、ブラック セラクロムタキメーターベゼルが特徴的である。

基本情報(型番・定価・ムーブメントなど)

型番 116519LN
ダイアル メテオライト&ブラック
素材 18 ct ホワイトゴールド
ムーブメント Cal.4130
ブレスレット オイスターフレックス
定価(税込) 3,606,900円

ケース

ケース直径 40 mm
構造 モノブロックミドルケース
スクリュー式バックケース
リューズ
ベゼル ブラックのセラミック製モノブロック セラクロムベゼル
タキメーター
リューズ スクリュー式
トリプロック(三重密閉構造)
クリスタル 傷防止サファイア
防水性能 100 m/330 フィート防水

メテオライトダイアル

デイトナメテオライト

爆発した小惑星、もしくは惑星の中心部にあったメテオライトは、太陽系を飛び越えて我々の惑星の軌道に偶然取り込まれ、重力に引き寄せられて地球へと落下する。この壮大な旅の途中、溶けた小惑星の核がゆっくりと冷やされることでメテオライトの中心が徐々に変化し、極めて珍しい金属の模様を作り出す。ロレックスのデザイナーは、この素材からコスモグラフ デイトナを含むロレックスの最もプレステージの高いモデルのための特別な一品を生み出す。

タキメーターベゼル

デイトナ タキメーター

ムーブメント Cal.4130

Cal.4130

基本情報 パーペチュアル
機械式クロノグラフ
自動巻
キャリバー 4130
ロレックスによる完全自社製造
精度 日差 - 2 ~ + 2 秒
機能 中央に時針、分針、秒針、スモールセコンド(6 時位置)
1/8 秒まで計測可能なクロノグラフ
積算計(30 分/3 時位置と 12 時間/9 時位置)
秒針停止機能による正確な時刻設定
振動子 常磁性ブルー パラクロム・ヘアスプリング
自動巻 パーペチュアルローターによる両方向自動巻
パワーリザーブ 72時間

オイスターフレックスブレスレット

オイスターフレックスブレスレット

基本情報 オイスターフレックス
素材 フレキシブルメタルブレード
高性能エラストマーコーティング
クラスプ セーフティキャッチ付オイスターロック
イージーリンク(約 5 mmのエクステンションリンク)

製造年

2021年~

定価

期間 定価(税込)
2021年4月~ 3,606,900円

評価

今回の新作発表で一際目立っていたのがデイトナメテオライト文字盤です。中でもオイスターフレックスモデルは一番人気が出るのではないでしょうか?

正規店入手難易度 ★★★★★

デイトナはそろそろ新しいキャリバーを搭載して新作が出るのではないかと噂されており、その事を考慮するとこのモデルもそう長くは続かないのではないかと予想されます。

つまり、このモデルは非常に短命で終わってしまう可能性が高いということです。その点を考慮すると、超激戦となることは間違いありません。

実際にメテオライトのGMTマスター2も非常に難易度が高いのですが、それ以上にこのモデルは激戦となることでしょう。

しかも、制限モデルとはならないですからね…。

並行店入手難易度