保護シール

ロレックスを中古で購入しようと考えているのであれば、絶対に知っておくべき知識をまとめておきたいと思います。

これらを知っておかないと購入してから後悔したり、最悪の場合、騙されてしまう可能性すらあります。

満足のいくロレックスを中古で購入するのであれば、必見です。

記事は下に続きます。



ロレックス レアモデル
キムタク ロレックス
ロレックス入手困難度ランキング2020
デイトナマラソン ルート
店長さんは裏で店内チェック?
カタログ落ち ディスコン
ディスコン ロレックス
ロレックス正規店 入荷
デイトナマラソン ランナー対応
デイトナマラソン 無駄



「自社提携工房にて外装仕上げ済み」に注意する

ロレックス 中古 外装仕上げ

ロレックスの並行店で中古を売っている場合、「自社提携工房にて外装仕上げ済み」や「自社提携工房にてオーバーホール済み」という表記を見たことがあるはずです。

正規のオーバーホールを受けられないケースも

ロレックス オーバーホール正規

この表記がある場合、改造品に該当してしまうとロレックスの正規のオーバーホールなどのサービスが受けられなくなります。

改造品として扱われるのがどこまでの範囲なのかは不明瞭ですが、並行店で中古を購入しようとする際に「こちらのロレックスを購入すると正規のオーバーホールを受けることはできますか?」と聞いた所、「受けることができる場合と、できない場合がある」と正確に教えてもらいました。

そこらへんは、実際にオーバーホールに出してみないと正規のオーバーホールを受けることができるのかできないのかはわからないようなのです。

ですから、基本的に「自社提携工房にて外装仕上げ済み」や「自社提携工房にてオーバーホール済み」といった表記がなされている中古個体は避けるべきです。正規のオーバーホールなどのサービスを受けたいのであれば。

「自社提携工房にて外装仕上げ済み」の個体を買うメリット

ただ、「自社提携工房にて外装仕上げ済み」や「自社提携工房にてオーバーホール済み」と記載の個体は、その分だけ安く買えるというメリットはあります。

正規のサービスを受けられなくても、並行店のオーバーホールなどのサービスを受けられれば十分という方であれば、安く購入できるというメリットで「自社提携工房にて外装仕上げ済み」というように記載された個体を選ぶのもありでしょう。

「ロレックス正規のオーバーホール」を受けた個体を買うべき

並行店では少しでも利益を出したいため、ロレックス正規のオーバーホールに出そうとしません。自社提携工房といった安い場所でやってもらい、少しでも利益を出そうとしてきます。

ですが、中には売却をした方が売却前にロレックス正規のオーバーホールに出した個体もあったり、並行店によっては正規のオーバーホールに出すところもあります。

もし中古でもしっかりとしたアフターサービスを受けたいというのであれば、このように正規のオーバーホールだけを経ている個体なのかどうかを調べたり聞いてから購入しましょう。

「新品」表記にも注意しないといけない

並行店によっては、「新品」と表記されている個体であっても、実際の所の新品ではないケースがあります。

どういうことかというと、並行店の中には、ロレックス正規店から転売された個体をちょっときれいに磨き上げて、それを新品だと偽って売っていたりするケースもあります。

また、実質的には「未使用」に分類されるものを「新品」と偽っていることもあります。たとえば、ロレックス正規店から購入されたものが、そのまますぐに並行店に持ち込まれた場合、それを「新品」と偽って売っているケースもあるのです。

ですから、並行店で新品を購入したいと思っているのであれば、特に気を付けて購入してもらいたいところです。

実際に並行店で購入する際には、ここらへんを聞くことを忘れずに、そしてできれば証拠として録音などもしておいたほうが良いでしょう。何かあって後ほど揉めることがあった際に、確実な証拠として提示できるので。

保護シールが正規でない場合もあり

保護シール

保護シールが貼られてあったとしても、詳しく聞いてみると、「後から保護シールを付けた」という場合もあります。そういった場合は厳密に言えば、新品とは言えないでしょう。

保護シールが正規のものなのか、それとも後から付けられたものなのかを確認してから購入するようにしてください。

文字盤が交換された可能性も考慮する

ロレックス 文字盤交換

ロレックスのモデルによっては文字盤交換が可能な場合もあります。

例えば、デイデイト40のエバーローズゴールドモデルであれば、オリーブグリーン文字盤が非常に人気が高いのですが、中には元々はホワイト文字盤だったのに、文字盤交換を行ってオリーブグリーン文字盤にして高く売っているというケースもあるのです。

特に人気の文字盤の場合には、別の文字盤が人気の文字盤に変更されている可能性を考慮して購入しなければいけません。

先ほど説明したデイデイト40のエバーローズゴールドモデルであれば、ホワイト文字盤なら500万くらいで販売されていたりするのが、オリーブグリーン文字盤になったら800万とかの値段が付けられたりします。(※2021年11月時点)

つまり、多少の費用を払ってでも並行店ではオリーブグリーン文字盤に交換をした上で販売した方がより利益が出ますし、並行店に売りに来る人もオリーブグリーン文字盤に交換してから売却した方がより高く売れます。

そういったことを考慮すると、文字盤が交換されてない個体を欲しいというのであれば、保証書の日付がごく最近のものを選ばないといけません。

特に人気の文字盤に関しては、過去には文字盤交換できたけれど、現在はできなくなっているというものがあります。

ですから、保証書日付が最近のものほど安心して購入できると言えます。

保証書がない場合、古い時期で記載している場合あり

保証書がない場合ですが、古い時期で表記している並行店もありました。

どういったことかというと、並行店では現行モデルの場合、基本的には新しい保証書日付ほど高くなるというように一律で決めていることが多いです。アンティークモデルでは違うのですが、現行モデルに限っては新しいほど高く買い取るし、高く売ります。

この点で考えると、保証書がない状態で並行店に持ち込まれたロレックスの個体は、一番古い保証書日付で記載していることがあったのです。

例えばですが、ロレックスの現行モデルのデイトナ白文字盤116500LNは、初期に生産されたモデルは希少価値が高いと判断されています。

ですから、人によっては2016年頃の保証書日付の個体を探している方もいるでしょう。

しかし、2016年と記載されていたとしても、その個体の保証書日付がない場合、並行店が勝手に2016年と記載しているだけってことがありました。

こういったことを考えると、保証書がない場合は購入を控えたほうが良いといえます。

どのような人が使っていた時計なのかは不明

中古のロレックスはどのような人が過去に使っていたのかが不明です。もしかしたら、犯罪者であったり、亡くなった方の遺品なのかもしれません。よく遺品整理をしてみたらロレックスが出てきたから売ったというケースもあるように。

こういったことをある可能性は否定できないので、少しでも気になるのであれば並行店の新品を購入するか、ロレックス正規店で購入するかを選ぶことが大切です。

ただし、並行店によっては新品と記載されていても、実際には海外からの並行輸入品ではなく、国内の正規店から転売されたものが新品と記載されて売られていたりします。実際にはこれはらよくても「未使用品」くらいの記載はしないといけないと思うのですが、新品などと偽って売っていたりします。

絶対に自分だけの新品が欲しいというのであれば、ロレックス正規店での購入にこだわりましょう。

まとめ

並行店でロレックスを購入する場合、上述してきたような点に気をつけないと、思っていたものと違うって後悔することがあります。

ですから、しっかりとした知識を持ってから中古のロレックスを購入するようにしてください。これはロレックスだけではなく、他のブランドでも同様です。