ロレックス 紛失・盗難

ロレックスは基本的に手首につけているため普通に生活をしている上ではなくすことはありません。

しかし、数少ないとは思いますが

  • カフェで仕事をするから外したまま忘れたり
  • 温泉に入るから外してロッカーに入れておいたらなくなったり
  • 家に泥棒に入られて盗まれたり
  • 酔い過ぎていて気づいたら手首から時計がなくなってしまった

などで盗難に遭った・紛失してしまったなどが起こりえるはずです。

実際にそういった相談もロレックス正規店の店員さんも受けているようなのですが、まず見つからずに終わるとのことでした。

ただ、なくしたのであればできる限りの事をしたいですよね。そこで実際に紛失してしまったら・盗難にあったらどうすればいいのかをまとめました。自分が仮に紛失してしまったときのことを考えて真剣に調べた内容です。

記事は下に続きます。

ロレックス 購入制限
キムタク ロレックス
ギャランティカード
カタログ落ち ディスコン
ディスコン ロレックス
ロレックス正規店 入荷

シリアルナンバーで紛失⇒盗難の犯人を捕まえられるケースを考えてみる

紛失したロレックスが善良な市民の手に渡り警察へ届けられているならば全く問題はないのですが、落ちているロレックスをさっと拾ってしまう人って悪い人ばかりなんですよね。

ですから、紛失した時点で誰か別の悪い人の元に渡ってしまったと考えて間違いありません。

盗まれたロレックスの行き着く場所

では、その盗んだロレックスを犯人はどうするでしょうか?

基本的には

  1. 国内の買取店に売る
  2. 海外の買取店に売る
  3. オークションに出品する
  4. 自分でそのまま使い続ける

のどれかだろうと思われます。

国内の買取店に売られてしまう

この中で戻ってくる可能性が高いのは1番の「国内の買取店に売る」の場合です。

国内の買取店は古物商を取得しているため、盗品であるロレックスを買取査定してもらいに来た犯人の身分証明書をしっかりと控えてあります。

ただ、普通の犯人であればそんな馬鹿な事はするわけありません。

ですから、まずこのパターンになることはないと言って良いでしょう。本当に馬鹿な犯人ならやらかしかねませんが…。

ちょっと頭の切れる犯人ならば、偽の身分証明書を提出していたり、指紋などは残さないように工夫をしているなど徹底しています。

偽の身分証の場合、捜査は難航しなかなか犯人を捕まえることはできません。

日本国内の盗難事件は非常に沢山存在し、常に警察は多くの案件を抱えています。たった数百万円のロレックスの盗難に対してどれだけの手間を掛けてくれるかわかりません。

歌舞伎町ではいつもボッタクリ被害のトラブルが交番でやり取りされていますが、基本的に相手にしてくれません。そういった事を考えると、個人のちょっとした盗難程度で動いてくれる可能性は低いと言えます。

海外の買取店に売られてしまう

これをやられてしまったら現実的に取り返すのはまず無理です。諦めるしかないと言えます。

国内ですらかなり厳しいのに、海外に持っていかれたら終わりですね…。

オークションに出品されてしまう

オークションに出品されたら、そこから足がつく場合が多いです。今ではメルカリやラクマなど様々なオークションサイトは存在していますが、盗品に対してかなり厳しく対処するようになっているため、比較的見つかりやすいです。

また、自分の時計のシリアルナンバーを検索して見つけるなどもできますね。

  • ヤフオク
  • 楽天オークション
  • Amazon
  • メルカリ
  • ラクマ
  • バイマ

などめぼしいオークションサイトにて自分のシリアルナンバーを日々検索してみると良いです。

ただ、実際のところそんな簡単に捕まるような事をしないだろうと思われるのであまり期待は出来ないですが、やれることの1つではあります。

そのまま使い続けられてしまう

犯人が自分でそのまま使い続ける場合には、もう見つかりません。この場合には諦めるしかないですね。

ただ、もし犯人がオーバーホールなどを正規の日本ロレックスにて行うなミスをすれば、そこから見つかる可能性はあります。

しかし、正規ではないオーバーホール業者に頼むなどされた場合には見つからないまま終わりますね。


以上で説明したきたようなパターンになると思いますが、いずれの場合も紛失したロレックスが戻ってくる可能性は低いです。しかし、諦めたら終わりなのでできる限りのことをやっていきましょう。

できることとしては以下の4つです。

紛失・盗難時にやるべきこと一覧

警察に遺失届出書または盗難届を出す

各地域の警察庁のホームページにて「落とし物をした方」という内容が書かれているはずです。

そちらによると以下の対応をするべきと記載があります。

遺失届出書の作成

最寄りの警察署又は交番等へ来ていただいて、落とし物をした届出をしてください。
届出はどこの警察署、交番等でも構いません。ただし、国外で落とし物をした場合は受理できません。

警察署一覧

引用元;https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/

盗難届けに関しては警察の方にお話をして、警察の方が盗難事件であると判断した場合にはそちらで受理してくれるようです。

明らかな窃盗などでない限り、紛失しただけで誰かが拾った・盗んだとは特定できないので盗難届としては扱えない場合もあるとのこと。

購入した店舗に連絡をする

また、購入をした店舗に連絡をするのが良いですね。

ロレックス正規店で購入されたのであれば、その購入店舗に相談に行くのが良いと思います。

ただ、私が聞いてきた限りだと、そういった件が極稀にあるようなのですが、基本的に見つからずに終わるとのことなので、あまり期待はできないです。

でも、何もしないよりはしたほうが良いと思われるので報告だけでもしておきましょう。

心当たりある場所を辿る

以上の内容を終えたら次は自分で地道に探す作業ですね。紛失や盗難の場合、相当大規模な場合でない限りは、警察もなかなか大掛かりな捜査はしてくれません。それ以外にたくさんの案件を抱えていますからね。自分で地道な努力で探す事も大切になってきます。

利用したお店や駅など心当たりのある施設に対して電話をかけたり、実際に足を運んで事情を説明しましょう。場合によってはそのお店の防犯カメラを見せてくれるかもしれません。

警察に届け出を出したことやあなた自身の身分などを明かし、理由を説明すれば見せてくれる店長さんもいると思います。

それで防犯カメラに犯人が映っていたらラッキーです。そこから事件解決に繋がるかもしれません。

オークションサイトでリファレンスやシリアルナンバー検索など

そして、オークションサイトにてシリアルナンバー検索をするのも1つ有効な手段かと思います。もしかしたら、犯人がオークションに出品している可能性もありえます。

ロレックスの型番(リファレンス)やシリアルナンバーなどで検索をしてみて、万が一の可能性にかけて頻繁にチェックしてみることをおすすめします。