ロレックス パームモチーフ文字盤

ロレックスの2021年新作には、デイトジャスト36に新作文字盤としてフルーテッドモチーフ文字盤とパームモチーフ文字盤が追加されました。

今回はパームモチーフ文字盤について紹介と、それらの入荷や希少性を考察していきます。正規店で調査した結果などを踏まえてまとめました。

記事は下に続きます。



ロレックス レアモデル
キムタク ロレックス
ロレックス入手困難度ランキング2020
デイトナマラソン ルート
店長さんは裏で店内チェック?
カタログ落ち ディスコン
ディスコン ロレックス
ロレックス正規店 入荷
デイトナマラソン ランナー対応
デイトナマラソン 無駄



フルーテッドモチーフ文字盤の種類

パームモチーフ文字盤には以下のように3種類存在しています。

  • オリーブグリーン パームモチーフ文字盤
  • ゴールデン パームモチーフ文字盤
  • シルバー パームモチーフ文字盤

オリーブグリーン パームモチーフ文字盤

オリーブグリーン パームモチーフ文字盤

ステンレススチールモデルに採用されているのはオリーブグリーン パームモチーフ文字盤。

ゴールデン パームモチーフ文字盤

ゴールデン パームモチーフ文字盤

ステンレススチール&イエローゴールドモデルに採用されているゴールデン パームモチーフ文字盤。

シルバー パームモチーフ文字盤

シルバー パームモチーフ

ステンレススチール&エバーローズゴールドモデルに採用されているシルバー パームモチーフ文字盤。

パームモチーフ文字盤の入荷状況

パームモチーフダイヤル

ショーケースを調査

パームモチーフ文字盤の入荷状況に関してですが、各正規店のショーケースを見てみると、RBR(ベゼルにダイヤモンド)のモデルは見かけることがあります。

ダイヤモンドセットベゼル

そのため、パームモチーフダイヤルも何気に入荷は各店舗していると考えられます。何もRBRのモデルだけが入荷されるわけではありませんからね。

RBR以外のモデルとなると現在の正規店ではショーケースには並べず、お客さんを見て出しているものと思われます。

新しいから一時的に需要が多く、並行相場が上昇し、転売ヤーなどが狙っているために店頭には並ばないだけで、レアなものだとは個人的に思わないのです。裏から出してくることでレア感を演出するという作戦でしょう。

そのため、ショーケースを見ているだけではRBR以外のモデルについての入荷状況はわかりません。

そこで正規店の店員さんにも聞いてみました。

購入実績のある店舗で調査

結構な購入実績のある正規店の店員さんに話を聞いた所、フルーテッドモチーフ文字盤と同様にパームモチーフ文字盤も7~8月くらいから入荷が徐々にあるようです。

デイトジャスト36は文字盤の種類も多く、ベゼルがフルーテッドかドームか、ブレスはオイスターかジュビリーかなどまで考慮してしまうと巡り合うのは結構難しいです。

そのため、パームモチーフ文字盤だけを探すとか、パームモチーフ文字盤のステンレスでジュビリー、ベゼルはフルーテッド…などと指定してしまうと非常に難易度が高くなります。しかし、そこまで特別に入荷が少ないというわけではないようです。

購入実績のない店舗で調査

購入実績のない店舗の店員さんに話を聞くと、入荷はかなり少ないとか、入荷自体はありますよなどと言われます。

結論は入荷が少ないわけではない

お店のランクや店員さんが本当のことを伝えているのかどうかにもよりますが、個人的には他の文字盤と比べてもそこまで特別に少ないわけではないと考えています。

入荷が少ないものは特殊な素材を利用している文字盤です。例えばデイトジャストのマザーオブパール文字盤は正規店で結構見かけることはあるのですが、それはあくまでもみんなが購入しないからです。

デイトジャスト36 マザーオブパールダイアル
マザーオブパール文字盤

現在デイデイト40が店頭から売れてしまっていますが、過去にはデイデイト40はショーケースの常連でした。このようにマザーオブパール文字盤は一見するといつもあるのでたくさんあるように見えますが、それはあくまでも並行相場が安く売れないからっていうだけです。希少性で言えばパームモチーフより、マザーオブパール文字盤の方が遥かに上でしょう。

以上のようにパームモチーフ文字盤は特殊な素材を使っているわけではないので、パームモチーフ文字盤の製造本数は他の一般的な文字盤とそう変わらないでしょう。

パームモチーフ文字盤の希少性

パームモチーフ文字盤の現状は、並行相場も高騰しており、特殊な文字盤のように思えてしまいます。

これはあくまでも新作発表された文字盤からです。また来年別に新しい新作が発表されたら、ほとんどの人がパームモチーフ文字盤を忘れ去ってしまうことでしょう。そして2022年の新作に群がるようになるのです。

数年が経過すると市場に多く出回ってくるので、今ほどの希少性は感じないでしょう。もちろん、今後更にロレックスの競争が過熱してしまえば、デイトジャストのRBRすらも店頭に並ばなくなる可能性もありますが、可能性としてはそこまで高いとは思いません。

以上のことからあくまでも希少性という意味では普通レベルよりちょっと高めくらいの文字盤といえるでしょう。入手困難度は新作発表から1年くらいは高めになるというだけだと考えています。